定例研究会

2020.02.06

人財育成研究事業部 第3回事業部会&懇親会

  場 所:北前そば高田屋駅前店                  

出席者:堀江理事長 楢村さん 秋山さん 下山さん 川田さん 鍵山さん岡田さん 東さん 星川さん 堀部さん 赤木(議事録)以上11

高田屋さんの鍋サービスに舌鼓を打ちながら和やかな雰囲気の中、第3回目の事業部会&懇親会を行いました。

内 容

【4月定例会の内容について】

人財育成事業部の研究会として選択理論的な発表内容にしたいが、つい硬いイメージになりがちなので、もう少し柔らかいイメージにできたらという意見がある。

食事を勧めながら話し合いの中で、演劇風に伝えることで皆様にわかりやすく楽しんで頂けるような内容にできないか?具体的なイメージを感じやすいのでは?と言う意見もあり早々に台本等の準備を進めていくことになりました。

【テーマ決め】

昨年4月からの改正法による働き方改革についての議論により、堀江理事長から日頃からの部下に対する関わり方で解決できることもある。と言う助言を頂いた事から『働き方改革は関わり方改革』というテーマで内容を進めていく事に決まりました。

【東さんより3月の研究会に向けての企画提案】

「まだ、部下にカミナリ」を落としているんですか?

と言うテーマに沿った内容で進めていく上で今後のイメージ共有の為の提案書を提示。

今後は各担当者を決めて内容の打ち合わせに入ります。

【理事会への稟議要請】

 遠方の参加者から遠隔視聴環境の機器の使用時、音声が聞き取り難いと言う意見から、マイクを

J S Aの予算から購入できないか?

と言う申し入れがあり、 理事会で稟議して頂く事で決まりました。

3月の津山市での特別勉強会について】

勉強会にて、柿谷先生と堀江理事長のセミナーの秘蔵VT Rを視聴する予定なので、少しその一部を鍵山事業部長がパソコンで披露されました。

◆今後の人材育成研究部開催日程◆

3月19()岡山県立図書館(予定)  テーマ「まだ、部下にカミナリ」を落としているんですか?

4月23()担当定例会 (場所未定) テーマ「働き方改革は関わり方改革」

 人材育成研究部では、社内の人間関係の改善や、人材の定着、今後の収益の増加に繋がるよう共に学んでいきたいと思います。研究会への参加是非お待ちしております。

2019.07.14

6月度定例研究会

■2019年6月18日(火) 18時30分~21時15分   ■参加人数42名  ラヴィール岡山にて

今回は「真の組織づくりとは」をテーマに掲げ、堀江理事長より「組織作りに必要なこと」
の講話の後、経営理念やクレドなどを見える化し、社員のやりがいに繋げている会社
アイネットシステム株式会社 丹生谷 徹氏株式会社山田車輌 山田 克浩氏 より
実践報告をして頂きました。
【堀江理事長講話より】
 1.JASでの組織作りの定義は、社員のやる気が高まり、目的・目標に向かって組織全体
   が自主的、且つ効率的に動く各種仕組み(システム)の構築であり、それが社長・
   リーダーの仕事である。
   社員が生き生きと働き、自主的に行動する組織作り⇒「働き方改革」
 2.選択理論を学ぶ私たちが進めたい組織作りとは
   ①社員の欲求が満たされる組織作り
    基本的欲求の5つが満たされること
   ②理念・ビジョン実現に向かって組織が動く仕組み作り
    会社の上質世界と個人の上質世界がリンクしていること
 3.組織作りを具体的に言うと
   ①価値観の共有が深まる仕組み      ②互いを認め合うシステム
   ③みんなの意見が飛び交う会議の仕組み  ④常に改善が自主的に行われる仕組み
   ⑤互いの足らずを補佐し合いながら仕事を進める仕組み
   ⑥気持ちよく仕事が始まるシステム    ⑦何でも話しやすい風土
【実践報告より】
 ■アイネットシステム株式会社 丹生谷 徹氏
  進めるうえで色々課題はあったが特に①メンバーが固定化できないこと。
  ②「思い」を「言葉」に表現することの難しさであった。
クレドは社員が自主的、主体的に進めるもの、社長は一切口出しをしてはならない。
それを辛抱強く待つ事が私の課題でもあった。
 クレドは価値観を共有する道具であり、共通の物差しである。
 
■株式会社山田車輌 山田 克浩氏
・ビジョンマップを作成した後、感じたことは
 ①上質世界(ビジョン)が鮮明になる。②実現に向けての実践行動がより鮮明になる。
 ③全社で推進することで一体感が強くなる。④他人事ではなく自分事として捉える人
 が増える。⑤良い熱感がすぐに伝わる。⑥課題・問題点は常に発生する。
・働いて幸せになる組織とは
 社員も会社も幸せになる→社員と会社の幸せの追求=皆が働いて幸せになる制度設計
 仕事・・・ワクワク楽しい、少ないストレス
 職場・・・公平な評価と業務プロセス
 人間関係・・・信頼できる上司・チーム・同僚、協力できる関係
 社長が「こうありたいと願っていれば売り上げはついてくる」
 2025年に向けての成長ロードマップを作成し、経常利益100億円を目指しています。
 
【事業部長より】
 参加された方々に色々な気づきをもって頂けたのではないかと感じています。
 今日、気づかれたことの1つを「決め」て「行動」に移して頂けることを願っております。
 皆さまの描く「組織作り」の実現に向けて、これから組織作り研究事業部として勉強会や 

  情報提供の場を考えておりますので、今後ともよろしくお願い致します。     以上

2019.04.25

4月度定例研究会

JSA4月定例研究会は今回初めて人材育成研究事業部が企画運営致しました。
人材育成研究事業部では、選択理論をベースに相手を尊重するマネジメントを展開してゆくことで、これからの企業で働く社員の皆様が、地震と誇りをもって活躍してゆくこと、その先に企業の繁栄があるビジョンを創造して、会員の皆様と共に学びを深めていきたいと思っております!
JSA会員の皆様、自由闊達な会となった事に心より感謝しております!有難うございました。                     副部長 東 慎一朗

  理事長挨拶

  面談のデモ

  平林社長スピーチ

  ミニセミナー紹介

  

To top